浮気調査 費用 本気

浮気調査後にご主人が本気になった場合の費用

浮気調査後にご主人が本気になった場合の費用

浮気調査が終わった後に、ご主人が浮気相手の女性に対して本気になってしまうということも多々あります。

 

その場合、浮気調査後に夫婦生活を続けたとしてもそのうち破綻してしまう可能性が高いと考えられますので、離婚を念頭に置いておいたほうが良いでしょう。

 

したがって、ご主人が浮気相手の女性に本気になった際には慰謝料を請求することをおすすめします。

 

ここでは慰謝料請求に付随する費用を説明しますので、ご主人が本気になった時のためにも目を通しておいてください。

弁護士に慰謝料請求を委託する費用

ご主人が浮気相手の女性に本気になった場合、当然離婚へと話を進めることになると思いますが、その際には慰謝料を請求することができます。

 

弁護士に慰謝料の請求手続きを依頼すれば、ご自身で何か特別なことをしなければならないということはありませんので、安心です。

 

この場合、着手金と報酬金合わせて40万円から60万円程度かかると考えておいたほうが良いでしょう。

 

ちなみに、慰謝料はご主人に対してだけでなく、ご主人が本気になった女性に対しても請求することができます。

公正証書の作成に付随する費用

浮気調査後にご自身とご主人だけで離婚の話し合いをし、慰謝料の金額に折り合いがつけば、公正証書を作成してください。

 

公正証書には慰謝料の金額などを記入することとなっていますが、公正証書の作成費用は慰謝料や養育費、財産分与を合わせた金額が100円までで5000円、200万円までで7000円、500万円までで11000円、1000万円までで17000円、3000万円までで23000円、5000万円までで29000円となっています。

 

浮気調査に人気の探偵社はこちら