浮気調査 費用 時効

浮気調査後から時効までに発生する費用

浮気調査後から時効までに発生する費用

浮気調査で浮気の証拠を発見することができれば、なるべく早めに慰謝料を請求するなどしたほうが良いかもしれません。

 

なぜなら、時効があるためです。

 

浮気の時効は3年とされており、3年が経過した後にその浮気に対する慰謝料を請求することはできませんので、ご注意ください。

 

ちなみに、浮気の時効のスタート地点は、浮気が事実であることが明らかになる、かつ浮気相手の女性が誰なのか分かった時となっています。

 

では、浮気調査後から時効までにはどのような費用が発生するのでしょうか?

 

以下でまとめてみましたので、参考ににしていただければと思います。

浮気調査後に弁護士を雇うための費用

上記でもご説明差し上げたように、浮気調査で浮気の証拠を発見することができたら、時効が訪れる前に慰謝料を請求しなければなりません。

 

慰謝料を請求するためには弁護士を雇うことは不可欠となりますので、弁護士費用がかかるということを頭に入れておいてください。

 

ただし、慰謝料請求に成功した場合、もらった慰謝料を弁護士費用に充てることも可能です。

浮気調査後に離婚するための費用

浮気調査後から時効までの間に離婚する場合、引越しなどの費用が必要となります。

 

もちろん、ご主人が家を出て行かれるのであれば、引越し費用を支払う必要はありません。

 

また、ご主人が離婚に同意しない場合は離婚裁判になる可能性がありますので、慰謝料請求と同じように弁護士費用が必要になるでしょう。

 

浮気調査に人気の探偵社はこちら