浮気調査 費用 結婚

浮気調査後に結婚を控えている場合の費用

浮気調査後に結婚を控えている場合の費用

浮気調査後に結婚を控えているという場合、ご主人の浮気の事実が判明した際には浮気調査費用とは別に費用が発生する可能性があります。

 

浮気調査後に結婚するか、それとも結婚を取りやめるかで費用が異なりますので、以下でおさえておきましょう。

浮気調査後に結婚する場合の費用

浮気調査でご主人の浮気が判明し、それでも結婚に踏み切る場合、特別な費用が発生するということはありません。

 

結婚を考えているなら、当然慰謝料を請求することもないでしょう。

 

しかしながら、今後浮気を繰り返さないことをご主人に誓わせることが必要です。

 

そのためには、浮気をしないと誓わせるための誓約書を準備してください。

 

誓約書は自分で作成することもできるのですが、法律的な知識が求められる場合もありますので、間違いがないように弁護士に誓約書を作成してもらったほうが良いでしょう。

 

その場合、当然ですが誓約書を作成する費用として2万円から3万円程度が必要となります。

浮気調査後に結婚を取りやめる場合の費用

浮気調査後に結婚を取りやめる場合、結婚式を行う予定の会場のキャンセル費用などが必要です。

 

ただ、結婚式場のキャンセル費用などはご主人に負担させることができますので、ご安心ください。

 

とは言え、結婚のキャンセルにご主人が同意しない可能性もあるため、やはり弁護士を雇ったほうが安心です。

 

弁護士を雇うことでスムーズに結婚をキャンセルすることができますし、結婚をやめるなら慰謝料請求も弁護士に依頼すると良いでしょう。

 

浮気調査に人気の探偵社はこちら