浮気調査 費用 離婚

浮気調査後に離婚する場合の費用

浮気調査後に離婚する場合の費用

浮気調査後に離婚を決断する場合でも、さまざまな費用が発生するということを知っておかなければなりません。

 

浮気調査を探偵社に依頼した場合、探偵社に支払う費用とは別に離婚にかかる費用が発生することとなりますので、ご注意ください。

 

ここでは、浮気調査後に離婚する場合の費用について説明したいと思います。

慰謝料を請求するための弁護士費用

浮気調査後に離婚する場合、ほとんどの方はご主人と浮気相手の女性に対して慰謝料を請求することになると思います。

 

慰謝料はご自身でも請求できますが、より確実に慰謝料を受け取りたいなら弁護士に依頼するべきでしょう。

 

また、弁護士に依頼すれば離婚へ向けた話し合いをスムーズに進めることができます。

 

したがって、浮気調査後に離婚する場合は弁護士を雇う費用が必要です。

 

弁護士を雇う費用の相場は、着手金と報酬金でそれぞれ30万円となっていますが、最近では慰謝料の請求に失敗したら着手金を返金してくれる弁護士事務所もあります。

公正証書の作成にかかる費用

浮気調査後の離婚の手続きはご自身ですることも可能ですが、ご主人との話し合いの内容を「公正証書」として残しておいたほうが良いでしょう。

 

公正証書には慰謝料や養育費などについても記載することとなり、その金額によって費用は異なります

 

ちなみに、慰謝料と養育費、財産分与などの合計額が100万円以内の場合、公正証書作成にかかる費用は5000円となっています。

 

浮気調査に人気の探偵社はこちら