浮気調査 費用 裁判

浮気調査後の裁判にかかる費用

浮気調査後の裁判にかかる費用

浮気調査後にご主人と離婚する場合、慰謝料の請求や親権などで裁判を行わなければならないことがあります。

 

裁判まで発展する場合、当然のことですが浮気調査の費用とは別の費用が発生するということを忘れてはなりません。

 

では、浮気調査後に裁判に発展するとどの程度の費用が発生するのでしょうか?

 

以下でわかりやすく説明しますので、浮気調査をしている方やこれから浮気調査を始めようと検討している方はぜひ参考にしてもらえたらと思います。

浮気調査後の慰謝料請求裁判にかかる費用

浮気調査後に慰謝料を請求し、ご主人側に納得してもらえなかった場合、裁判に発展することがあります。

 

この場合は弁護士を雇うことになると思いますので、弁護士費用が必要です。

 

弁護士費用には着手金と報酬金が含まれており、それぞれ20万円から30万円が費用として発生します。

 

ただし、裁判で慰謝料請求が認められた場合、受け取った慰謝料から弁護士費用を差し引いても十分元手は残りますので、ご安心ください。

浮気調査後の親権争いの裁判にかかる費用

浮気調査後に子供の親権争いで裁判に発展した場合、慰謝料請求の裁判と同様に弁護士を雇うこととなりますので、着手金として20万円から30万円程度、報酬金として20万円から30万円程度の費用がかかります。

 

ちなみに、慰謝料請求の裁判や親権争いの裁判で勝訴したとしても、ご主人側に弁護士費用を請求することはできません。

 

したがって、浮気調査後に親権争いの裁判を起こすなら、同時に慰謝料の請求や養育費の請求も申し立てしたほうが良いでしょう。

 

浮気調査に人気の探偵社はこちら