浮気調査 費用 制裁

浮気調査後の制裁にかかる費用

浮気調査後の制裁にかかる費用

浮気調査でご主人が浮気をしているということが確実になった場合、浮気調査後に何らかの制裁を加えることができます。

 

ただ、何らかの制裁と言っても法律を犯すような制裁であってはなりません。

 

では、浮気調査後にはどのような制裁をご主人に加える事ができるのでしょうか?

 

ここでは、浮気調査後にとられている一般的な制裁とその費用について説明していきますので、チェックしてください。

浮気調査後に慰謝料請求の制裁を加える

浮気調査後に、ご主人と浮気相手の女性を相手取り、慰謝料請求という制裁を加えるのが一般的です。

 

請求できる慰謝料の金額は浮気の程度によっても異なると言われていますが、ご主人に対しては数百万円、浮気相手の女性に対しては数十万円の慰謝料を請求することが可能となっています。

 

その場合、弁護士に慰謝料請求の手続きを依頼すると思いますので、弁護士に支払う費用は必要になるでしょう。

 

弁護士に慰謝料請求により制裁をサポートしてもらうためには、一般的に40万円から60万円の費用が発生します。

浮気調査後に誓約書にサインさせる制裁を加える

浮気調査後に、ご主人に二度と浮気をさせないよう誓約書にサインさせるという制裁を加えることも可能です。

 

この場合、誓約書を作成するための費用が必要になりますが、誓約書作成にかかる費用の相場は2万円から3万円となっています。

 

自分で誓約書を作成すれば費用負担を抑えることができるのですが、法的な知識も求められますので、弁護士に頼んだほうが良いでしょう。

 

浮気調査に人気の探偵社はこちら