浮気調査 費用 訴訟

浮気調査後の訴訟費用

浮気調査後の訴訟費用

浮気調査後に訴訟に発展するということも珍しくありません。

 

慰謝料請求の訴訟だったり、子供の親権を争うための訴訟だったり、さまざまな項目で訴訟になる可能性があるのですが、どんな訴訟を起こすにしても当然費用が発生してしまいます。

 

ここでは、浮気調査後の訴訟費用についてお伝えしたいと思いますので、ぜひチェックしてください。

慰謝料請求の訴訟費用

浮気調査後に最も多い訴訟は、慰謝料の請求をめぐっての訴訟です。

 

浮気調査でご主人が浮気をしていることが明らかになれば、当然慰謝料を請求することができるのですが、ご主人側が納得いかなければ訴訟することになるでしょう。

 

この場合、弁護士を雇うことになりますので、弁護士に対して着手金と報酬金の費用が発生します。

 

とはいえ、慰謝料の請求訴訟で勝訴することができれば、これらの費用は慰謝料で支払うことが可能です。

 

ただし、慰謝料請求の訴訟で敗訴してしまった場合は自腹で費用を負担しなければなりません。

子供の親権を争うための訴訟費用

ご主人との間に子供がいらっしゃる場合、離婚するのであれば、子供の親権を争うために訴訟に発展する可能性があります。

 

この場合も慰謝料請求の訴訟と同じように弁護士を雇うこととなりますので、その費用が必要です。

 

ただし、浮気調査後に親権を争う場合は、同時に慰謝料と養育費を請求する訴訟を起こすケースが多いため、ご主人側から慰謝料と養育費をもらえる可能性があります。

 

浮気調査に人気の探偵社はこちら