浮気調査 費用 対処

浮気調査後の費用の対処方法

浮気調査後の費用の対処方法

浮気調査後には、ご主人の浮気の証拠が見つかる見つからないに関わらず、探偵社に必ず費用を支払わなければなりません。

 

その費用は少なく見積もっても数万円、多くて100万円以上にものぼるケースもありますので、浮気調査後の費用をどう対処するのか先に考えておいたほうが良いでしょう。

 

ここでは浮気調査の費用にどう対処していけば良いのか説明したいと思います。

浮気調査の費用を慰謝料請求で対処する

上記でもお伝えしていますように、浮気調査を探偵社に依頼すると相当な費用が発生してしまいます。

 

しかしながら、浮気調査でご主人の浮気が明るみになれば、慰謝料を請求することが可能です。

 

浮気での慰謝料として数百万円を請求することができますので、その慰謝料で浮気調査の費用に対処すると良いでしょう。

 

ただし、慰謝料を請求する際には弁護士を雇うこととなるため、弁護士に支払う費用も頭に入れておいてください。

浮気調査の費用を養育費の請求で対処する

浮気調査後に慰謝料を請求しても、請求した金額をまるまるもらえるとは限りません。

 

場合によっては慰謝料を減額されてしまう恐れもありますので、もし浮気調査の費用を慰謝料だけで対処できない場合、養育費も要求すると良いでしょう。

 

ただし、養育費を請求できるのは、御夫婦の間に子供がいる、かつ浮気調査後に離婚するということが前提となります。

 

したがって、子供がいない場合は慰謝料で浮気調査の費用に対処するしかなく、もし費用を支払えないようならローンなどを組むしかありません。

 

浮気調査に人気の探偵社はこちら