浮気調査 費用 特徴

浮気調査後に発生する弁護士費用の特徴

浮気調査後に発生する弁護士費用の特徴

浮気調査後には、慰謝料請求のために弁護士を雇う費用や、公正証書を作成するための費用が必要となります。

 

公正証書はご自身で慰謝料を請求する際に作成するのが一般的となっていますが、浮気調査を行ったほとんどの方は弁護士を雇って問題解決へ向けて話を進めることとなりますので、浮気調査後には弁護士費用がかかると思っておいたほうが良いでしょう。

 

ここでは、浮気調査後に必要な弁護士費用の特徴について説明したいと思います。

弁護士費用 着手金の特徴

浮気調査後の慰謝料請求を弁護士に頼む場合、費用のひとつとして発生するのが着手金です。

 

着手金とは、弁護士に慰謝料請求などの案件を行ってもらうために支払う費用であり、基本的には必ず支払わなければなりません。

 

浮気調査後の慰謝料請求を弁護士に依頼すると、着手金として20万円から30万円程度の費用がかかります。

弁護士費用 報酬金の特徴

浮気調査後に弁護士を雇う場合、報酬金も支払わなければならない費用のひとつとなっています。

 

報酬金とは、浮気調査後の慰謝料請求に成功した場合に弁護士に対して支払う費用のことです。

 

報酬金の特徴は、慰謝料請求に成功できなかった場合、支払わなくても良い場合があるということでしょう。

 

つまり、浮気調査後の慰謝料請求に成功したら、慰謝料の中から弁護士に報奨金として費用を支払うシステムというわけです。

 

ちなみに、浮気調査後の慰謝料請求における報酬金の相場は、着手金と同じく20万円から30万円となっています。

 

浮気調査に人気の探偵社はこちら