浮気調査 費用 浮気相手を訴える

浮気調査後に浮気相手を訴えるための費用

浮気調査後に浮気相手を訴えるための費用

浮気調査後には、ご主人だけではなく、浮気相手を訴えることもできます

 

ここで言う「浮気相手を訴える」とは、浮気相手に慰謝料を請求するということです。

 

もちろん、浮気調査が終わった後にご主人に対して慰謝料を請求することもできますが、同時に浮気相手を訴える手続きもとると良いでしょう。

 

ただし、浮気相手を訴えるとしても、ご主人の慰謝料ほど多くの金額を要求できないということは知っておいてください。

 

ここでは、浮気調査後に浮気相手を訴えるための費用について説明したいと思います。

浮気相手を訴えるための弁護士費用

浮気相手を訴えるためには、基本的に弁護士を雇わなければなりません。

 

弁護士を雇う際には、着手金と報酬金が費用として発生しますが、浮気調査後に浮気相手を訴えるとしても、数十万円程度の慰謝料しかもらえない可能性が高いですので、着手金と報酬金の一部分はご自身で負担しなければならないこともあります。

 

ちなみに、着手金と報酬金の費用相場は40万円から60万円です。

 

なお、慰謝料請求でご主人を訴えた場合は数百万円の慰謝料を請求できる場合がありますので、浮気相手を訴えるならご主人も訴えたほうが良いかもしれません。

浮気相手から訴えられる可能性も

浮気相手がご主人との浮気によって妊娠したり、社会的信用を失ってしまった場合などは、逆に浮気相手から訴えられてしまう恐れもあります。

 

とはいえ、訴えられるのはご主人のほうですので、費用については気にせずとも良いでしょう。

 

浮気調査に人気の探偵社はこちら