浮気調査 費用 弁護士

浮気調査後の弁護士費用

浮気調査後の弁護士費用

浮気調査が終わったら、それで全て解決というわけではありません。

 

もし探偵社が浮気の証拠を多数集めたようなら、浮気調査が終わった後に慰謝料を請求するという流れになることも多々あります。

 

慰謝料を請求するためには法律的な知識が必要となりますので、弁護士を雇ったほうが良いでしょう。

 

ちなみに、当サイト「浮気調査にかかる費用は?」でご紹介差し上げているすべての探偵社は、離婚や慰謝料請求に強い弁護士を紹介しています。

 

ここでは、浮気調査後に弁護士を雇う場合に必要な費用について説明したいと思います。

弁護士に支払う着手金

浮気調査後に慰謝料の請求手続きを弁護士に依頼する場合、まず必要となる費用が着手金です。

 

着手金の金額は弁護士事務所によって差がありますが、慰謝料請求の場合は一般的に20万円前後が相場となっています。

 

なお、基本的に着手金は弁護士に慰謝料請求手続きを依頼した際に支払うこととなっていますが、最近では慰謝料の受け取りに成功した場合のみ着手金を費用としてカウントする弁護士事務所も増えてきているようです。

弁護士に支払う報酬金

浮気調査後の慰謝料請求に成功した場合、その一部を報酬金として弁護士に支払うこととなります。

 

したがって、報酬金も費用に入るということを頭に入れておくべきでしょう。

 

なお、慰謝料請求が成功した場合の報奨金は20万円前後が相場となっているため、浮気調査後に弁護士を雇う際には40万円前後の費用がかかると見ておくと良いかもしれません。

 

浮気調査に人気の探偵社はこちら